Cloud's Spice on TeamSpirit

利用規約

 本利用規約について

本サービス内の個々の機能について弊社が提供する内容やサポートポリシー等を記述したもの となります。 

サブスクリプション契約書に準拠していますが、万が一競合する項目がある場合はサブスクリ プション契約書が優先されます。

 サブスクリプション契約書のみに記載のある内容はサブスクリプション契約が適用されます。

 本規約は 2018 年 1 月 15 日より適用されます。 

本規約は弊社都合により改定できるものとし、改定適用前にメール、または本サービス内表示 での告知を行います。

 本サービスを利用するお客様は本規約に同意したものとします。

 

 本サービスとは、クラウズ・スパイス株式会社の提供する Cloud’s Spice on TeamSpirit(http://teamspirit.clouds-spice.com/)を意味します。 サブスクリプション契約書とは、本サービス契約時に同意していただいている契約書を意味し ます。

 本サービスについて

  1. 弊社は本サービスを明示的または黙示的にもいかなる種類の保証もなく現状有姿の状態で 提供を行います。
  2. 弊社は本サービスのお客様への適合性や、本サービスの選択、品質、性能、機器の損傷、 データの消失、不稼働および中断などについて、明示的または黙示的にも一切の保証を行 いません。 
  3. 本サービスの使用に関する適合性の判断はお客様の責任で行うものとし、本サービスの選 択、使用にて生じる一切のリスクや結果等について、すべてお客様が責任を負うものとし ます。
  4. 連携先の仕様変更や連携先のサービス状態の変更、機器の状態、機器供給メーカーの都 合、その他の理由により、やむを得ず本サービスの仕様変更や本サービスの終了の可能性 がある事にお客様は同意しているものとします
  5. 本サービスは、本規約に従って以下の提供を行います。
    •  本サービスが対応している連携先へデータの書き込みを行うサーバー(以下「本サー バー」)
    • 本サーバーへ機器からデータの入力を行うクライアントアプリケーション(以下「本 アプリケーション」)
    • 本サーバー上のお客様環境を設定する「管理画面」
    • 本サーバーに入力された交通費情報の操作を行う「申請画面」
    • 本サーバー、本アプリケーションの利用方法等についてのサポート

 免責事項

本サービスを利用するためには、本サービスの提供するアプリケーションを実行し、常時 利用可能な状態で設置を行う機器,ユーザーが管理画面と申請画面へアクセスするための 機器とソフトウェア(Google Chrome (Google Inc.)),これらをサーバーに接続するため のインターネット回線と機器までのネットワーク,本サーバーが接続可能な連携先(他社 が提供しているサービス:TeamSprit (株式会社チームスピリット, 株式会社セールスフォ ース・ドットコム))、本サービス上で正しく動作する利用者それぞれが所持可能なカー ド、が必要になります。 上に記載のものはお客様に用意していただく必要があり、お客様の責任においてインスト ールし、管理、運用するものとし、これらに発生する可能性のある、本サービスの利用が 困難になる可能性や事象の結果について弊社は一切責任を負いません。 例えば以下のようものが想定されます。
・機器自体の故障や不具合による本アプリケーションへの影響
・機器メーカーの都合によるアップデートや交換等でのサポート対象からの離脱
・スペックの不足による応答速度や画面表示の問題(恒久的なものや一時的なもの)による応答速度の低下 ・インターネットまたはネットワークの障害、故障、工事等
・連携先の状態(パフォーマンス低下,障害,設定不良など)を原因とする本サービス の停止、中断等
・インターネット経路上の問題(お客様が契約したプロバイダから弊社サーバーまでの 間または弊社サーバーから連携先までの間においての故障,工事,経路障害など)
・インターネットまたはネットワークの障害、故障、工事等インターネット回線速度の品質

機器、カードについて

1.機器本体またはカード本体、およびこれらの動作に必要となるアプリケーション、ドライバ等のソフトウェアについて、お客様はそれらに付随する規約等を本サービスとは関連なく個別に理解を行い同意しているものとします。 また、以下の場合も同様に同意しているものとします。
・お客様が弊社の案内する手順に従って作業を行った場合
・弊社担当者がお客様に代わり作業を行った場合

2.本サービスで使用している IC カード,カードリーダー, その他ハードウェアまたはソフトウェア, 通信仕様 等は他社様が規定しているものであり、今後も同一の動作を行い、継続的に本サービスで利用可能であることの保証を弊社が行う事はできません。

3. 本サービスの動作に必要となる第三者製のサービス,ソフトウェア,コンピュータ,ハードウェア,デバイス等を、お客様が今後も継続的に入手可能であることの保証を弊社が行う事はできません。

4. 故障時,本サービスの変更と解約と停止,その他の理由により、本サービスのためにお客様が用意した機器が不要になった場合の負担はお客様が負うものとします。

5. OS 上のセキュリティ設定やその他の設定,本サーバーの利用により生成されたストレージ上のデータ,機器の設置、運用方法,インターネット、ネットワークの設定などについてはお客様のセキュリティポリシー等に従い運用、管理するものとし、運用上発生した損害、損失(破損、削除またはデータ、アプリケーションもしくは利益の破壊もしくは損失を含む)またはその他の結果について弊社は一切責任を負わないものとします。

リソースの消費

本サービスは、上に示したお客様に用意していただく機器,サービスのリソース(各種機 器の容量、通信料、連携先の API コール数、ネットワーク帯域負担など)を利用し消費し ます。
お客様は、本サービスを利用するにあたり、リソースが不足するなどし、本サービスの安 定した利用が行えない場合、該当するリソースについて追加の負担を行うことが必要にな る場合があります。

サポート対象外の事柄

以下はサポート対象となります。
  ・機器自体や機器上の、他社製OS,他社製アプリケーションの設定や利用方法についての サポートは行っておりません。
 ・インターネット,ネットワーク(機器上のセキュリティソフト,ファイヤーウォールやプ ロクシの設定等を含みます)に
関するサポート
・連携先(他社が提供しているサービス)の、機能や利用方法等についてのサポート

 本アプリケーションから端末上に作成されるファイル(ログデータや、ご利用の場合に限 り別途説明のある各種入出力データ)は、お客様の責任において管理していただく必要が あります。
これらファイルのバックアップはお客様が自己の責任で任意に行うものとします。

本サービスの停止、中断

 本項記載または、本サービス内の障害などのあらゆる原因により、本サービスの利用が完全にできない状態になる事が想定されます。
この間の代替手段はお客様が考慮し用意していただく必要があり、これに同意していただ いているものとします。

 サポートする機器

PC

Windows 7, Windows8, Windows8.1, Windows 10 のサポートを行います。<.br> ※ 本サービスが対応しているカードリーダーを使用でき、同時に外部電源を利用可能な PC/AT 互換機 に限ります。 また、今後の継続した動作を保証しているものではありません。 認証機能など別デバイス搭載のPCに関しては動作保証できません。

ANDROID

サポートは終了となるため、新規利用開始の案内は行っておりません。
現在利用中のお客様は、現在ご利用中の機種に限り、以下バージョンのサポートを行っております。

  1. Android7.0 まで
    ※動作検証は弊社が選択した Google 製機器のみで行います。すべての機種で本アプリケーションが動作することを保証し、サポートするものではありません
  2. Android8.0~ サポート終了となるため、弊社で動作検証をする予定はありませんOS に後方互換性がある限り動作すると思われます。利用していただいても構いませんが、PC への移行をご検討ください。

カード

本サービスでは FeliCa 技術, ISO 14443 Type A 規格(MIFARE)を採用した IC カード製品, デバイス製品が利用可能ですが、全ての製品が本サービス上で正しく利用できることを弊社は保証しておりません。 

(FeliCa はソニー株式会社の非接触型 IC カードの技術方式、および同社の登録商標です)

(MIFARE は NXP セミコンダクターズの特許および同社の登録商標です)

 プライバシーとセキュリティ

本サービスのサーバーは、ユーザーと本サーバーに接続された連携先より、本項内に記載する データの収集を行います。 弊社は、本サービスの運用のために限り、本サーバーが収集したデータを使用します。

本サーバー

端末の接続を待ち受け、端末の制御を行い、ユーザーが端末で入力した情報を受け取り、入力 情報を連携先へ転送するための処理を行い、順次連携先へ書き込みを行います。

お客様が入力する情報

  1. お客様が管理画面にて設定する連携先のログイン情報は、付随するアクセス権をすべて有した状態で永続的にデータベースに保持されます。 このアクセス権には、お客様の連携先のセキュリティ設定または設定に利用したアカウントに含まれる、本サービスで必要とされる以上の情報を閲覧,操作可能な権限を含む場合がありますが、お客様の管理画面操作に従い、保存します。
    •   本サービスのサーバーに保存されているログイン情報は、連携先の設定から無効化または変更を行う事で削除とみなします。 (手順については連携先が一般に公開している資料をご確認ください)
  2. 本アプリケーション上の、操作,設定による自律動作,申請画面上での操作などにより、本サービスのサーバー内において、データの受信,生成などが行われます。このデータには個人を特定できる情報が含まれる事があります。このデータは自動的にデータベースやファイルに保存されます。

本サービスの提供するアプリケーションとの通信

 HTTPS にて接続を待ち受けます。 (他、下記本アプリケーション – 本サーバーとの通信 参照)

連携先との通信とデータの扱い

サーバーは定期的に連携先と通信を行います
  1.  本サービスは、本サービスの実行に必要となる連携先の機能とデータのみを使用します。
  2.  本サービスは可能な限り最低限のデータ取得を連携先から行いますが、取得を行ったデータ中に本サービスでは使用しないお客様に帰属するデータが含まれる可能性が考えられ、本サービスの動作を記録する際や、使用するデータの保存を行う際に自動的にデータベースやファイルに保存される可能性があります。
  3. 以下のようなデータが考えられますがこの限りではありません:
    •  連携先からデータを取得する際に、同時に取得してしまうデータ (本サービスの感知しない何らかの連携先のカスタマイズ等によるもの,連携先との認証の際に受信するもの等)
 保存されたデータは本サービスで扱う他のデータと同等に保管、管理されます。

その他

  1.  動作のログをファイルへ書き出します。ログにはプライバシーとセキュリティに関連する
    情報を含みます。 
  2.  AWS にて稼働しています 
  3. 端末,管理画面との通信の際に以下の情報を自動的に収集します。
    これらの情報は端末のセッション管理に使用します。また、アクセスログとしてファイルへ記録が行われます。
    •  HTTP 通信に必要な情報
    • 実行中の本アプリケーションの情報

データベース(本サーバーで使用するもの)

サーバーデータの永続化を行います 

  1. AWS にて稼働しています 
  2. 定期的に自動バックアップを取得しています

ファイル(本サーバーで使用するもの)

サーバーのディスク(AWS ec2 上)または AWS S3 上に保管されます。

AWS

  1. AWS セキュリティプロセスの概要 https://aws.amazon.com/jp/whitepapers/overview-ofsecurity-processes/ (上記 AWS 発行の文書内の「お客様」は弊社を意味します)
    • 「AWS セキュリティプロセスの概要」の「セキュリティに関するお客様の責任」についての表明:
    • 弊社の AWS 管理者以外は AWS で稼働している本サービスのサーバーへ直接的なアクセスができないように設定が行われております。
  2. 弊社の AWS 管理者のみ、サーバー,データベース,ファイルへ直接アクセスすることができ、管理運用上必要な場合に保存されているデータを閲覧することができます。必要な場合データベース上のデータを修正することができます。

管理画面・申請画面

お客様がブラウザ(Google Chrome)を使用してアクセスし、サーバーと通信を行い、本サービ スの各種設定と、端末から読み取った交通費情報の操作を行うための画面です。

本サーバーとの通信

  1. HTTPS を使用してサーバーと暗号通信を行います
  2. 自動的に以下の情報が送信されます
    • HTTP 通信に必要な情報
  3.  サーバーから受信した情報には、ブラウザへ保存されるものがあります

第三者サーバーとの通信

  1. 画面実行に必要なリソースを第三者の CDN サービスより取得する場合があります

弊社社員のアクセス

  1. サポート時の調査などのために限定し弊社社員が事前の通告なく、本管理画面へアクセス を行う場合があります

本アプリケーション

サーバーに管理画面を通して登録したユーザーとカードの組み合わせを利用し、勤怠の打刻と 交通費情報の読み込みを行いサーバーへ送信するアプリケーションです

カードとの通信

  1. カード ID と電子マネー履歴(存在する場合)を、端末に接続されている NFC アンテナに かざされたカードから読取ります。 カードへ書き込みを行うことはありません。
  2.  カード ID は難読化されたものが本アプリケーションと、本サーバーにおいて使用されま す。

本サーバーとの通信

  1. HTTPS を使用してサーバーと暗号通信を行います。
    不特定のユーザーに対して配布を行っているリソース(本アプリケーションのアップデートファイルなど個人情報等を含まないもの)の取得には平文通信を利用する場合があります。
  2. 自動的に以下の情報が送信されます
    • HTTP 通信に必要な情報
    • 実行中の本アプリケーションの情報(OS, VM などのバージョン情報を含む)
  3.  設定が行われている場合自動的に、またはユーザーの操作により、以下の情報を本サービスのサーバーに送信します
    • 本アプリケーションの動作ログ
       (操作情報、サーバーとの通信情報、本アプリケーションがもつ情報、端末,機器の情報が含まれます)

NTP サーバーとの通信

  1. 時刻の同期に NTP を利用し、公開サーバー(現在は国立研究開発法人情報通信研究機構 法様のサーバー)から直接時刻の取得を試みます。

ローカルファイルの使用

  1. 実行時のログを端末へファイルとして保存します。 ログファイルには読み取ったカード情報や、サーバーから受信した個人情報、サーバーと の接続情報を含みます。
  2.  特定の用途のために提供を行ったアプリケーション(指認証、ファイルからの打刻)を利 用のお客様環境に限り、用途上必要となる情報がファイルとして保存されます。

 本サービスの稼働

  1. 弊社は本サービスの品質維持、バグ修正、機能強化を目的とし、本サーバーと本アプリケーションに対して、アップグレード、パッチ、その他のメンテナンスを適用することができます。
    •  弊社はお客様に対して、本サービスの予定されているサービス中断を伴うメンテナンス等に関する通知を 3 日前までに行います。 
    • やむ負えなく緊急メンテナンスが必要になる場合、お客様に通知することなく一時的に本サービスが中断する可能性があることにお客様は同意しているものとします。
    • お客様は本アプリケーションの動作により、本アプリケーションのアップグレードのためのファイルが自動的に利用者の機器へ受信され、自動的に本アプリケーションのアップグレードが適用されることに同意しているものとします
  2.  本サービスが依存するサーバー機器、サーバーサービス、ネットワーク等の故障等の理由
    により、本サービスが中断する可能性があります。 
  3. 本サービスが接続している連携先のメンテナンス、障害、通信障害等により、本サービス
    に性能低下や中断が発生する可能性があります。
  4.  本規約はサーバーの稼働率に関して何れの保証を行うものではありません。
  5.  本規約は本サーバー,本アプリケーションが中断、またはエラーを起こさないことや欠陥が修正されることを保証するものではありません。
  6. 本アプリケーションが取得する位置情報はデバイスに依存したり、ユーザ自身のデバイスの設定などにより、必ずしも正確ではない場合があります。

上記の何れかにより生じる損害、損失(破損、削除またはデータ、アプリケーションもしくは利益の破壊もしくは損失を含む)またはその他の結果について弊社は一切責任を負わないものとします。

 禁止事項

お客様は以下に定める行為を行うことはできません。

  1.  本サービスのアプリケーション、マニュアルの再配布を行うこと。
  2.  本サービスの改変,第三者への譲渡,または第三者が使用できるようにすること。
  3.  3. 本サービスのサーバー,アプリケーションのリバースエンジニアリングを行うこと。
  4.  ライセンス契約数を著しく超えた状態で本サービスを利用すること。
  5.  本アプリケーションを第三者の著作権等やその他の権利を侵害する状態、またはおそれのある状態へ設定し利用すること。
  6. お客様が以上に記した禁止事項に違反し、第三者との間に紛争等が生じた場合、お客様の責任において当該紛争等の解決を行うものとします。

 終了

お客様が本利用規約の規定に違反した場合、弊社は本サービスの提供を終了することができます。
本サービスの提供の終了は、損害賠償の請求を妨げるものではありません。

 変更履歴

2017/12/26 更新

  1. 「カード」について明確化
    • 「免責事項」項の変更 追加: “本サービス上で正しく動作する利用者それぞれが所持可能なカード”
    •  「免責事項」「機器について」を「機器、カードについて」に変更。
    • 免責事項「機器、カードについて」の項を訂正。
      • 訂正前 :“機器個別の動作に必要となるアプリケーション、ドライバ等のソフトウェアの規約 について、 お客様はそれらに付随する規約等に個別に理解をし、同意しているものとします。”
      •  訂正後:“機器本体またはカード本体、およびこれらの動作に必要となるアプリケーション、ドライバ等のソフトウェアについて、お客様はそれらに付随する規約等を本サービスとは関連なく個別に理解を行い同意しているものとします。”
    • 「サポートする機器」へ「カード」節を追加

2019/03/28 更新

  1. 社名変更により「ブレインハーツ株式会社」を「クラウズ・スパイス株式会社」に変更。

2019/09/27 更新

  1. 認証機能など別デバイス搭載のPCに関しては動作保証できない旨、明記。
  2. 位置情報は条件により正確でない場合がある事を明記。